1. WE LOVE FX
  2. FX会社比較
  3. FXをはじめたい・興味がある人は要チェック|FX会社の選び方

口座開設前のチェックポイント
絶対に失敗しない会社選び

初めてFX口座を開設する初心者にとって、会社選びは非常に重要です。口座開設前に必ずチェックしておきたい項目は、FX会社の信用力口座取引条件、そしてFX業界でのシェア・ポジションです。口座選びに失敗しないために各項目を比較しFX各社の特色を把握することで、自身に最適な口座を見つけることができるでしょう。口座を開設したい会社候補が複数ある場合は、会社信用力が高く、他社より優れたサービスを提供しているFX会社・口座を選択することをおすすめします。
更新日時:

絶対に失敗しない会社選び

会社信用力

FX会社信用力

自身の大切な資産の預け先として信頼がおける会社か判断する必要があります。各FX会社の信用を計る上で確認しておきたい基本的な事項は、「資本金」「自己資本規制比率」「売上高」「利益」です。


自己資本規制比率とは

※自己資本規制比率とは:金融先物取引業者は金融先物取引法で自己資本規制比率120%以上を保つことが義務付けられています。自己資本規制比率が高い程経営が安定している目安となります。


資本金 自己資本
規制比率
売上高
(単位:百万円)
経常利益
(単位:百万円)
DMM.com証券 98億円 335.7% 27,815 18,137
GMOクリック証券 43億4,666万円 467.1% 22,795 8,836
外為どっとコム 7億7,850万円 1096.5% 7,359 2,386
YJFX 4億9,000万円 1285.7% 9,173 3,926
ヒロセ通商 8億4511万円 358.2% 6,721 1,462
マネーパートナーズ 31億円 410.5% 5,862 1,044
外為オンライン 3億円 593.4% 7,622 2,595
みんなのFX 21億9,500万円 149.4% 2,292 -353
FXプライム 1億円 626.4% 3,260 1,115
FXトレード・フィナンシャル 3億5,000万円 397.5% 891 116

※自己資本規制比率は2017年6月末時点の数値。
※売上高・経常利益は2017年3月期の数値。


会社信用力を総合的に判断すると、GMOクリック証券(親会社:GMOインターネット)、外為どっとコム(関連社:澤田ホールディングス)、DMM.com証券(親会社:DMM.com)、YJFX!(親会社:ヤフー)の5社は親会社の規模も含め高い信用力があり、口座開設候補として相応しい会社です。» FX各社の親会社一覧はこちら


取引条件

スプレッド比較

FX口座の取引条件で最も注目すべき点はスプレッドです。現在米ドル/円のスプレッドは0.3銭付近が最も狭いラインとなっています。各社取引量の多い米ドル/円のスプレッドをアピールしていますが、その他の通貨ペアのスプレッドが広い場合があります。米ドル/円以外の通貨のスプレッドにも注目しながらトータルで狭いスプレッドを提供している会社を選択することが望ましいです。


会社名 ドル円 ユーロ円 ユーロドル ポンド円 豪ドル円 NZドル円 カナダ円 スイス円 ランド円
GMOクリック証券 0.3 0.5 0.4pips 1.0 0.7 1.2 1.7 1.8 1.3
DMM FX 0.3 0.6 0.5pips 1.1 0.7 1.4 1.7 1.8 1.4
外為どっとコム 0.3 0.6 0.5pips 1.1 0.7 1.4 1.7 1.8 1.4
ヒロセ通商 0.3 0.5 0.4pips 1.2 0.7 1.0 1.7 3 1.0
YJFX 0.3 0.7 0.6pips 1.2 0.8 1.8 1.8 2.4 1.4
マネーパートナーズ 0.3 0.6 0.5pips 1.1 0.7 1.2 3.8 3.8 1.2
FXプライム 0.6 1.3 1.0pips 1.8 1.3 2.0 1.7 4.0 3.0
FXトレード・フィナンシャル 0.3 0.6 0.8pips 2.0 1.4 2.4 2.4 3.0 5.0
みんなのFX 0.3 0.6 0.5pips 1.0 0.7 2.5 5.0 5.0 3.0
外為オンライン 1.0 2.0 1.0pips 3.0 3.0 6.0 5.0 5.0 1.5

※スプレッドは各社原則固定を基本としてますが、市場の急変時(震災などの天変地異、各国中央銀行の市場介入、その他外部要因)や市場の流動性が低下している状況(米国東部時間午後5時前後、 年末年始、クリスマス時期など)、重要指標発表時間帯などにより、スプレッドが拡大する場合があります。


主要国9通貨ペアを通してスプレッドを比較すると、全通貨ペア最も狭い(低い)水準でスプレッッドを提供している会社はGMOクリック証券、次いでDMM.com証券外為どっとコムヒロセ通商の順となっています。この5社は低スプレッド提供の代表格と言えるでしょう。


スワップポイント比較

FXの魅力のひとつスワップポイント。ポジションを長く保有する中長期トレード派は、スワップポイント配当額が各社で違うため、高配当の会社を選定する方が望ましいです。全通貨ペア高い配当を出す会社他社より劣る会社高金利通貨(豪ドルやNZドルなど)のみ高い配当を出す会社など各社様々です。各社の特色を把握し、その他のサービスと照らし合わせた上で口座開設することをおすすめします。


会社名 ドル円 ユーロ円 ポンド円 豪ドル円 NZドル円 カナダドル円 ランド円 トルコリラ円
ヒロセ通商 2円 0円 0円 50円 60円 0円 15円 115円
GMOクリック証券 49円 -9円 16円 47円 54円 29円 17円 115円
YJFX 47円 -5円 11円 45円 50円 20円 13円
FXトレード・フィナンシャル 42円 -2円 10円 44円 49円 12円 11円 86円
DMM FX 24円 -3円 23円 37円 43円 3円 14円
FXプライム 35円 -15円 13円 36円 40円 15円 12円 112円
外為オンライン 30円 -25円 15円 30円 45円 10円 10円
外為どっとコム 35円 -13円 9円 30円 39円 29円 10円 95円
みんなのFX 30円 -12円 10円 30円 28円 5円 10円
マネーパートナーズ 10円 -59円 5円 25円 25円 3円 10円 100円

スワップポイントについて

※掲載FX各社のスワップポイント配当実績表(各通貨10000通貨単位保有時)。スワップポイントは各社毎営業日更新されるため最新の情報は各社公式サイトで確認下さい。
※スワップポイントは2017年8月17日時点の数値となります。
※GMOクリック証券、外為オンラインの南アフリカランド取引単位は10万通貨ですが、比較表は1万通貨単位換算で記載しています。


取引単位比較

各社の最低取引単位と手数料を比較。ひと昔前は10,000通貨単位が基本発注単位でしたが、現在では1000通貨単位・取引手数料無料で取引きができるFX会社が増え、より少額でFX取引きをはじめることが可能となりました。

会社名 取引通貨単位 取引手数料
外為どっとコム 1,000通貨単位:取扱全通貨ペア 無料
ヒロセ通商 1,000通貨単位:取扱全通貨ペア
一部のマイナー通貨除く※
無料
みんなのFX 1,000通貨単位:取扱全通貨ペア 無料
fxprime 1,000通貨単位:取扱全通貨ペア 1,000通貨単位:取引手数料片道30円
YJFX 1,000通貨単位
※南アフリカランドは10,000通貨単位
無料
FXトレード・フィナンシャル 1,000通貨単位:取扱全通貨ペア 無料
外為オンライン 10,00通貨単位
※南アフリカランドは10,000通貨単位
無料
DMM.com証券 10,000通貨単位:取扱全通貨ペア 無料
マネーパートナーズ 10,000通貨単位:取扱全通貨ペア 無料
GMOクリック証券 10,000通貨単位
※南アフリカランドは100,000通貨単位
無料

業界シェア

FX業界シェア

各FX会社の業界シェアを計る上で参考にしたい指標は、取引高=取引頻度口座数=顧客数預かり資産残高=顧客資産規模となります。


口座数について

口座数に関しては、休眠・未稼働口座も含まれているため参考程度となります。人気のある会社は多くの口座開設申し込みがあるため、口座数は人気度示す指標のひとつとして活用することができますが、本当に人気のあるFX会社は口座数・取引高・預かり資産残高いずれも高い水準であることが特徴です。


2016年年間取引高
単位:兆円
月間取引高平均
単位:兆円
総口座数 預かり資産残高
単位:百万円
GMOクリック証券 1,282.45 106.87 497,833 137,578
外為どっとコム 315.90 26.33 452,633 114,934
YJFX 363.19 30.27 321,841 97,867
DMM.com証券 974.57 81.21 612,760 111,370
ヒロセ通商 384.50 32.04 211,045 42,234
マネーパートナーズ 94.15 7.85 304,509 63,253
外為オンライン 237.93 19.83 476,651 71,881
みんなのFX 非公開 非公開 297,009 12,659
FXプライム 107.37 8.95 174,557 16,654
FXトレード・フィナンシャル 非公開 非公開 非公開 非公開

GMOクリック証券の年間取引高は何と1,000兆円越え、月間取引高平均は100兆円を超えています。預かり資産残高は1,000億円を越えFX業界の頂点に君臨するといっても過言でありません。


おすすめ口座

人気FX会社1位 DMM.com証券

DMM.com証券の総口座数はFX業界で初めて60万口座を超え、口座数日本一のFX会社です。月間新規FX口座申し込み件数が5,000件超、2017年現在最もFX口座申し込み件数の多い人気のFX会社です。

DMM.com証券 DMM.com証券 現役トレーダー300人中35人がメイン口座に選んでいます。

FX口座数日本一のDMM.com証券は、FX業界初60万口座を突破※し、FX初心者から上級者まで幅広く支持されている人気のFX会社です。徹底した低スプレッド戦略、豊富な取引ツール、会社の規模・信頼性の高さ、手厚いサポート体制でFX初心者でも安心して取引きできるFX会社です。
※DMM FXと外為ジャパンを合算した数値。
» 詳細ページDMM.com証券の通信簿・評判

総合力

DMM.com証券  口座開設・お申込みはこちら

老舗FX会社としての安定感 外為どっとコム

2002年設立の外為どっとコムは、知名度・信頼性に優れた老舗FX会社です。預かり資産残高は10年連続(2014年3月まで)、口座数は9年連続(2014年2月まで)でFX業界1位の記録を持つFX会社です。

外為どっとコム 外為どっとコム 現役トレーダー300人中28人がメイン口座に選んでいます。

FX4部門業界No.1獲得※(FX取引ツールの使いやすさ・情報量の多さ・システム安定性・サポート体制)。スプレッドは取扱い全通貨ペア業界最狭水準。老舗ならではの安定感・安心感もあり未だ人気の衰えないFX会社です。

※『FX取引者におけるFX会社イメージ調査(2015年6月時点)』
(企画:株式会社外為どっとコム 調査機関:株式会社クロス・マーケティング)

» 特集ページFX4部門No.1獲得 外為どっとコムの底力
» 詳細ページ外為どっとコムの通信簿・評判

総合力


外為どっとコム 口座開設・お申込みはこちら

年間取引高世界1位 GMOクリック証券

2002年設立の外為どっとコムは、知名度・信頼性に優れた老舗FX会社です。預かり資産残高は10年連続(2014年3月まで)、口座数は9年連続(2014年2月まで)でFX業界1位の記録を持つFX会社です。

GMOクリック証券 GMOクリック証券 現役トレーダー300人中27人がメイン口座に選んでいます。

取引コストの安さ操作性抜群の取引ツールを武器に2016年年間取引高世界1位を達成し、2012年以来5年連続世界1位を記録。2015年オリコン顧客満足度ランキング「ネット証券部門」では総合第1位を獲得し、現在最も勢いのあるFX会社。
» 特集ページ取引高世界1位 GMOクリック証券の実力
» 詳細ページGMOクリック証券の通信簿・評判

総合力

GMOクリック証券 口座開設・お申込みはこちら

PAGE TOP