資本金・自己資本規制比率比較
会社規模・財務健全性

資本金・自己資本規制比率

これからFX取引きをはじめるにあたって、大切な資産の預け先としてFX会社・口座選びは大切です。会社の規模を示す資本金、経営健全性を示す自己資本規制比率、グループ会社、上場・非上場でFX各社を比較。
更新日時:


資本金・自己資本規制比率比較

当サイトでは、FX初心者が口座開設をする際に、3つの項目【会社:規模・信頼性】【取引コスト:スプレッド・取引手数料】【サービス:スワップ配当額・取引ツール】を確認した上で口座開設することを推奨しています。最初にFX会社の規模・信頼性をチェックした後、その会社がどのうようなサービスを展開しているか、競合他社と比べて取引条件は優れているか見比べてからどの会社で口座を開設をするか検討していきましょう。

資本金 自己資本
規制比率
社名
(グループ会社)
上場
(グループ)
DMM.com証券 98億円 366.4% 株式会社DMM.com証券
(株式会社DMM.com)
非上場
YJFX 4億9,000万円 1015.0% ワイジェイFX株式会社
(ヤフー株式会社)
非上場
(東証一部)
外為どっとコム 7億7,850万円※ 1337.3% 株式会社外為どっとコム
(澤田ホールディングス株式会社)
非上場
(東証JQS)
外為オンライン 3億円 788.4% 株式会社外為オンライン
(株式会社ISホールディングス)
非上場
FXプライム 1億円 917.7% 株式会社FXプライムbyGMO
(GMOフィナンシャルホールディングス株式会社)
非上場
(東証JQS)
GMOクリック証券 43億4,666万円 485.3% GMOクリック証券株式会社
(GMOフィナンシャルホールディングス株式会社)
非上場
(東証JQS)
マネーパートナーズ 31億円 774.6% 株式会社マネーパートナーズ
(株式会社マネーパートナーズグループ)
非上場
(東証一部)
FXトレード・フィナンシャル 3億5,000万円 437.7% ゴールデンウェイ・ジャパン株式会社
(FXTF HOLDINGS Pte Ltd)
非上場
ヒロセ通商 9億4,362万5千円 717.8% ヒロセ通商株式会社
東証JQS
みんなのFX 23億2,428万円 399.4% トレイダーズ証券株式会社
(トレイダーズホールディングス株式会社)
非上場
(東証JQS)

※外為どっとコムの資本金は2020年3月末時点の数値

※自己資本規制比率は2020年12月末時点の数値(外為オンラインは2020年8月末時点の数値)

自己資本規制比率

自己資本規制比率とは:金融先物取引業者は金融先物取引法で自己資本規制比率120%以上を保つことが義務付けられています。自己資本規制比率が高い程経営が安定している目安となります。

自己資本規制比率比較

おすすめFX会社

DMM.com証券
人気ランキング1位
DMM.com証券

DMM.com証券

総合力

DMM.com証券は2020年8月に口座数80万を突破※し、FX初心者から上級者まで幅広い層から支持されている業界大手のFX会社です。徹底した低スプレッド戦略、豊富な取引ツール、会社の規模・信頼性の高さ、手厚いサポート体制でFX初心者でも安心して取引きができます。主に為替差益を狙った短期売買が中心のトレードにおすすめのFX会社です。
※DMM FXと外為ジャパンを合算した数値。
解説ページ » DMM.com証券の評判とおすすめポイント解説