1. FX会社比較 > 
  2. FXスプレッド比較

スプレッド比較
スプレッド

FX口座を開設する際に最も重要視されるスプレッド。米ドル/円のスプレッドの低さが強調される場合が多く、他通貨ペアのスプレッドが高い場合があります。主要9通貨ペアのスプレッドを会社別に一覧比較。スプレッドはFX口座選びの最重要指標となるため、FX各社は配信スプレッドを他社よりも狭くするため熾烈なスプレッド競争繰り広げています。
更新日時:


各FX会社提供 通貨別スプレッド比較表

低スプレッドの代表格といえばGMOクリック証券DMM.com証券SBI FXトレード。この3社は取扱い全通貨ペアを通して他社より配信スプレッドが優れており、最もおすすめできるFX会社です。
» その他の通貨ペアスプレッドはこちら


会社名 ドル円 ユーロ円 ユーロドル ポンド円 豪ドル円 NZドル円 カナダ円 スイス円 ランド円
GMOクリック証券 0.3 0.6 0.5pips 1.1 0.7 1.4 1.7 1.8 1.4
DMM.com証券 0.3 0.6 0.5pips 1.1 0.7 1.4 1.7 1.8 1.4
SBI FXTRADE 0.27 0.69 0.48pips 1.19 0.77 1.79 1.79 2.39 0.99
ヒロセ通商 0.3 0.5 0.4pips 1.3 0.7 1.3 1.7 3 1.3
YJFX 0.3 0.7 0.6pips 1.2 0.8 1.8 1.8 2.4 1.4
マネーパートナーズ 0.3 0.6 0.5pips 1.1 0.7 1.4 3.8 3.8 1.4
FXプライム 0.6 1.3 1.0pips 1.8 1.3 2.0 1.7 4.0 3.0
FXトレード・フィナンシャル 0.3 0.6 0.8pips 2.0 1.4 2.4 2.4 2.9 5.0
みんなのFX 0.3 0.6 0.5pips 1.0 0.7 2.5 5.0 5.0 3.0
外為オンライン 1.0 2.0 1.0pips 3.0 3.0 6.0 5.0 5.0 1.5

※スプレッドは各社原則固定を基本としてますが、市場の急変時(震災などの天変地異、各国中央銀行の市場介入、その他外部要因)や市場の流動性が低下している状況(米国東部時間午後5時前後、 年末年始、クリスマス時期など)、重要指標発表時間帯などにより、スプレッドが拡大する場合があります。


SBI FXトレードのスプレッド

FX各社は取引量に関係なく原則固定スプレッド配信を基本としていますが、SBI FXトレードは取引量に応じてスプレッドが異なります。1回の発注が多い取引きをする時は、他社が配信しているスプレッドより不利になる場合があるため、自身のトレード法に照らし合わせてFX会社を選ぶ必要があります。

SBI FXTRADE 米ドル円 ユーロ円 ユーロ米ドル 英ポンド円 豪ドル円 NZドル円 カナダドル円 スイスフラン円 南アフリカランド円
1〜
10,000通貨
0.27 0.69 0.48pips 1.19 0.77 1.79 1.79 2.39 0.99
10,001〜
100,000通貨
0.29 0.99 0.58pips 1.29 0.88 2.19 2.19 2.79 0.99
100,001通貨〜
500,000通貨
0.29 0.99 0.58pips 1.29 0.88 2.19 2.19 2.79 1.9
500,001〜
1,000,000通貨
0.38 0.99 0.78pips 1.29 0.88 2.19 2.19 2.79 1.9

スプレッド変更ニュース

SBI FXトレード » スプレッド縮小:2017年4月3日(月)午前7時より、米ドル/円0.48銭→0.38銭(500,001〜1,000,000通貨注文時)に、英ポンドドル/円1.59銭→1.29銭(10,001通貨以上注文時)にスプレッドを縮小。

ヒロセ通商 » スプレッド縮小:2017年2月1日(水)より、豪ドル/円0.8銭→0.7銭(原則固定)にスプレッドを縮小。

ヒロセ通商 » スプレッド縮小:2016年11月1日(火)より、ユーロ/円0.6銭→0.5銭(原則固定)、ユーロ/米ドル0.5pips→0.4pips(原則固定)にスプレッドを縮小。

SBI FXトレード » スプレッド縮小:2016年3月22日(火)午前6時より、米ドル/円0.58銭→0.48銭(500,001〜1,000,000通貨注文時)にスプレッドを縮小。


おすすめ会社

1通貨単位取引可能 SBI FXトレード

取引数量によってスプレッドが異なるSBI FXトレード。10,000通貨以下の取引きがメインなら、主要9通貨ペアのスプレッドは他社より狭いため、少量取引きがメインならSBI FXトレードがおすすめ。

SBI FXトレード SBI FXトレード 現役トレーダー314人中64人がメイン口座に選んでいます。

FX業界に革命。業界最狭水準スプレッド米ドル円0.27銭ユーロ円0.69銭豪ドル円0.77銭。10000通貨までの取引なら原則固定スプレッド。最低取引単位は1通貨~取引手数料無料。 他のFX会社を圧倒するサービスで現在人気急上昇中のFX会社。
» 特集ページSBI FXトレードが選ばれる理由
» 特集ページSBI FXトレードの通信簿・評判

総合力

SBI FXトレード 口座開設・お申込みはこちら


低スプレッドNo.1 GMOクリック証券

10,000通貨以上の取引きをするならGMOクリック証券。主要9通貨ペアのスプレッドは掲載FX会社の中で最も狭く、スプレッド重視のトレーダーに最もおすすめのFX会社。

GMOクリック証券 GMOクリック証券 現役トレーダー314人中32人がメイン口座に選んでいます。

取引コストの安さ操作性抜群の取引ツールを武器に2016年年間取引高世界1位を達成し、2012年以来5年連続世界1位を記録。2015年オリコン顧客満足度ランキング「ネット証券部門」では総合第1位を獲得し、現在最も勢いのあるFX会社。
» 特集ページ取引高世界1位 GMOクリック証券の実力
» 詳細ページ» GMOクリック証券の通信簿・評判

総合力

GMOクリック証券 口座開設・お申込みはこちら

FX口座・会社比較


PAGE TOP