初心者おすすめFX口座
取引条件比較

FX取引高・取引量比較

取引高は、総口座数預かり証拠金残高と並んで、FX会社の勢いや投資家からの支持率を示す指標になります。この3指標が伸びている・もしくは高い水準で推移しているFX会社は、会社信頼性・優れた取引条件・取引ツールの使いやすさを兼ね備える満足度の高いFX会社といえるでしょう。
GMOクリック証券は、2019年の年間取引高国内第1位を獲得し、2012年から8年連続で日本で最も取引量の多いFX会社となりました。2020年に入ってもGMOクリック証券の勢いは衰えず、2020年3月には月間取引高は約184兆円、過去最高記録を更新しています。
更新日時:

FX会社別年間取引高推移

2019年の年間取引高(2019年1月から12月までの合計値)は、GMOクリック証券が662兆円で首位。

※DMM.com証券と外為オンラインは、年間取引高を年度ごとに発表しているため別表にまとめています。

※単位 » 取引高:兆円/取引量:百万通貨
※取引高:百万通貨を1億円として換算(1通貨=100円)
※集計期間:各年1月から12月

年間取引高 2013年
取引高
(取引量)
2014年
取引高
(取引量)
2015年
取引高
(取引量)
2016年
取引高
(取引量)
2017年
取引高
(取引量)
2018年
取引高
(取引量)
2019年
取引高
(取引量)
GMOクリック証券 871.2
(8,712,745)
816.6
(8,166,147)
1119.5
(11,195,530)
1282.4
(12,824,780)
889.9
(8,899,958)
789.9
(7,899,426)
662.2
(6,622,849)
YJFX 411.0
(4,110,101)
313.2
(3,132,841)
402.2
(4,022,990)
363.2
(3,632,371)
293.1
(2,931,644)
317.2
(3,172,341)
275.1
(2,751,837)
ヒロセ通商 228.7
(2,287,412)
228.8
(2,288,885)
275.3
(2,753,623)
384.5
(3,845,750)
314.4
(3,144,597)
292.7
(2,927,889)
258.7
(2,587,169)
外為どっとコム 179.2
(1,792,604)
333.9
(3,339,861)
315.9
(3,159,459)
246.5
(2,465,280)
246.2
(2,462,839)
203.5
(2,035,714)
マネーパートナーズ 186.1
(1,861,099)
129.3
(1,293,832)
106.0
(1,060,957)
94.2
(942,101)
113.5
(1,135,647)
133.7
(1,337,989)
93.3
(933,686)
FXプライム 77.9
(779,501)
62.7
(627,785)
78.2
(782,399)
107.4
(1,074,265)
88.4
(884,508)
67.2
(672,168)
37.7
(377,053)

※集計期間:年度(各年4月から翌年3月)

年間取引高 2013年度
取引高
(取引量)
2014年度
取引高
(取引量)
2015年度
取引高
(取引量)
2016年度
取引高
(取引量)
2017年度
取引高
(取引量)
2018年度
取引高
(取引量)
2019年度
取引高
(取引量)
DMM.com証券 769.8
(7,698,523)
830.1
(8,301,057)
930.6
(9,306,554)
850.0
(8,500,258)
717.1
(7,171,153)
635.5
(6,355,087)
外為オンライン 240.4
(2,404,578)
214.7
(2,147,451)
195.6
(1,956,294)
141.4
(1,415,603)
114.5
(1,145,394)
100.4
(1,004,112)
79.0
(790,038)

※取引高非公表:みんなのFX(トレイダーズ証券)・FXTF。

2012年から2020年までのFX各社取引高推移を見ると、GMOクリック証券は取引高100兆円を超える月もあり他社を圧倒しています。※DMM.com証券と外為オンラインは月別取引高を公表していないため、グラフには反映していません。

FX月間取引高推移

2020年月別取引高推移

2020年3月、GMOクリック証券・YJFX!・ヒロセ通商・外為どっとコムの月間取引高は過去最高を記録。
※単位 » 取引高:兆円/取引量:百万通貨
※取引高:百万通貨を1億円として換算(1通貨=100円)

2020年
月別取引高
1月
取引高
(取引量)
2月
取引高
(取引量)
3月
取引高
(取引量)
4月
取引高
(取引量)
5月
取引高
(取引量)
6月
取引高
(取引量)
上期合計
取引高
(取引量)
GMOクリック証券 54.3
(543,433)
71.4
(714,832)
184.0
(1,840,456)
103.7
(1,037,091)
87.1
(871,936)
118.3
(1,183,850)
619.1
(6,191,598)
YJFX 28.2
(282,518)
34.2
(342,248)
90.0
(900,826)
45.7
(457,966)
37.9
(379,225)
44.6
(446,950)
280.9
(2,809,733)
ヒロセ通商 24.3
(243,983)
30.6
(306,700)
66.3
(663,670)
31.3
(313,456)
30.3
(303,354)
41.0
(410,923)
224.2
(2,242,086)
外為どっとコム 15.4
(154,596)
22.1
(221,865)
55.3
(553,367)
24.8
(248,096)
21.2
(212,841)
32.2
(322,325)
171.3
(1,713,090)
マネーパートナーズ 6.0
(60,432)
8.7
(87,717)
16.3
(163,604)
8.2
(82,072)
9.2
(92,851)
10.6
(106,893)
59.3
(593,569)
FXプライム 2.3
(23,145)
3.8
(38,235)
11.2
(112,905)
6.5
(65,163)
5.7
(57,096)
7.4
(74,291)
37.0
(370,835)
2020年
月別取引高
7月
取引高
(取引量)
8月
取引高
(取引量)
9月
取引高
(取引量)
10月
取引高
(取引量)
11月
取引高
(取引量)
12月
取引高
(取引量)
下期合計
取引高
(取引量)
GMOクリック証券 97.9
(979,211)
111.8
(1,118,040)
209.7
(2,097,251)
YJFX 35.4
(354,602)
37.4
(374,479)
72.9
(729,081)
ヒロセ通商 30.7
(307,619)
33.6
(336,249)
64.3
(643,868)
外為どっとコム 29.7
(297,253)
29.6
(296,476)
59.3
(593,729)
マネーパートナーズ 7.5
(75,910)
8.5
(85,460)
16.1
(161,370)
FXプライム 6.3
(63,065)
8.4
(84,275)
14.7
(147,340)

おすすめFX会社

年間取引高8年連続国内1位※

GMOクリック証券は2012年から8年連続年間取引高国内1位※の快挙を達成しました。業界最狭水準のスプレッド使いやすい取引ツールを武器に多くのトレーダーに支持され、GMOクリック証券で活発に取引きをしています。
※ファイナンス・マグネイト社調べ(2012年1月~2019年12月)

GMOクリック証券
人気ランキング2位
GMOクリック証券

GMOクリック証券

総合力

取引コストの安さ操作性抜群の取引ツールを武器に2019年年間取引高国内1位を達成し、2012年以来8年連続国内1位※を記録。2015年オリコン顧客満足度ランキング「ネット証券部門」では総合第1位を獲得し、現在最も勢いのあるFX会社。
特集ページ » 取引高国内1位 GMOクリック証券の実力
解説ページ » GMOクリック証券の評判とおすすめポイント解説

GMOクリック証券 公式サイト
詳細をみる