ボリンジャーバンド テクニカル分析の基礎
FX基礎知識

ボリンジャーバンド

ボリンジャーバンドとは中央の移動平均線を中心に上下にバンド状の線を描くチャート分析のことです。標準偏差σ(シグマ)を使用し、中央の移動平均線を挟んで1本目の線を1σ線、2本目は2σ線、3本目は3σ線と呼ばれています。
統計学では±1σの間におさまる確率は68.3%、±2σであれば95.5%、±3σであれば99.7%の確率でおさまるといわれ、±3σの線の外に飛び出す確率は0.3%しかないの、下の線にタッチしたら「買いサイン」、上の線にタッチしたら「売りサイン」と見るのがボリンジャーバンドの一般的な使い方です。

ボリンジャーバンド

中央の移動平均線を25日線にした場合は、過去25日のデータは上下バンド内に95%の確率で入るのが通常であると考えられています。
しかし上の線を突き抜けた場合は、強い上昇トレンドなので買いでエントリー、下に抜けた場合は強い下降トレンドなので売りでエントリーする考え方もできます。95%の確率で上下のバンドでおさまるはずがラインを突き抜けるくらいの勢いがあると考えるということです。
為替レートは一方向へ行くとその方向に継続して動く場合があるため、ボンリンジャーバンドをトレンドと考えて、順張りとして使う場合もあります。

その他ボリンジャーバンドの使い方として、365日移動平均線を使用すれば、過去1年は95%の確率で±2σ線内でレートが収まっていることを確認できます。つまり今後1年間はどれくらいレートが動く可能性があるかを予想するのに役立ちます。
過去の最高値・最安値は残り5%の確率で、瞬間的に記録した異常値であったと考える方がいいかも知れません。

FX初心者入門講座

FXを検討している、はじめたいと思っている初心者の方はFX基礎知識をある程度理解できるまで繰り返し読むことをおすすめします。