1. WE LOVE FX
  2. FX初心者入門講座
  3. MACD マックディー

MACD
FX基礎知識

MACD

MACDとは、Moving Average Convergence Divergenceの略でマックディとも呼ばれ、移動平均線による分析を改良させたテクニカル指標です。
移動平均線は正確には単純移動平均(SMA=Simple Moving Average)と呼ばれ過去の一定期間の平均値を計算したものですが、MACDで使われる移動平均は指数平滑移動(EMA=Exponential Moving Average)と呼ばれ、直近の値をより重視するようにできていて、トレンドの発生・転換をいち早く察知することができます。
MACDは、12日間と26日間のEMAの乖離幅(12日EMA-26日EMA)、シグナル線にMACDの過去9日の移動平均線使います。

MACD

MACDの基本的な使い方は、MACD線(グレーの線)が0ラインより上に向いている場合は上昇トレンド。0ラインより下に向いている場合は下降トレンドと判断します。
また0ラインより下でMACD線(グレーの線)がシグナル線(赤の線)を下から上へ抜けたらゴールデンクロスで買いのサイン。0ラインより上でMACD線がシグナル線を上から下に抜けたらデッドクロスで売りのサインと見るのが一般的です。

上記図のように移動平均線を用いたサイン(ゴールデンクロス・デッドクロス)よりMACDを使用した指標の方がいち早くトレンドの転換を察知していることがわかります。

MACD線とシグナル線の角度が浅くクロスする時や、 0ライン付近を推移している時はダマシのサインが多く発生することがあるので様子を見た方がいいでしょう。

NEXT » RSI


FX初心者入門講座

FXを検討している、はじめたいと思っている初心者の方はFX基礎知識をある程度理解できるまで繰り返し読むことをおすすめします。



FX実践:注文方法



PAGE TOP