1. WE LOVE FX
  2. FX初心者入門講座
  3. ストキャスティクス

ストキャスティクス
FX基礎知識

ファーストストキャスティクス

ストキャスティクスはRSIと同様オシレーター系のチャートで、%K、%D、Slow%Dという3本の線を使用します。 このうち%Kと%Dの2本使う場合をファーストストキャスティクスと呼び、20%以下の底値圏で%Kが%Dを下から上に抜けたゴールデンクロスの場合「買い」のサイン、80%以上の天井圏で%Kが%D上から下に抜けたデッドクロスの場合「売り」のサインと判断します。

ファーストストキャスティクス

スローストキャスティクス

通常のストキャスティクスは%Kと%Dが頻繁にクロスするためダマシが多く、%DとSlow%Dの2本を使うスローストキャスティクスを使う方ががクロスが少なく信頼性と人気が高く、中期売買をする人にとって非常に向いている指標です。こちらも同様に%DがSlow%Dを下から上に抜けた場合は「買い」、%DがSlow%Dを上から下に抜けた場合「売り」のサインと判断します。

スローストキャスティクス

赤い枠で囲んだ箇所ではダイバージェンス(逆行現象)が発生し、為替レートが上昇しているのに関わらずストキャスティクスが下降している現象で、トレンドが転換する可能性があることを示唆しています。ダイバージェンスが発生した場合は保有ポジション調整の準備が必要です。

RSIと同様に相場が売られすぎ状態である底値圏もしくは買われすぎ状態である天井圏で取引するように心がけましょう。


FX初心者入門講座

FXを検討している、はじめたいと思っている初心者の方はFX基礎知識をある程度理解できるまで繰り返し読むことをおすすめします。



FX実践:注文方法



PAGE TOP