1. WE LOVE FX
  2. FX初心者入門講座
  3. FXとは

FXとは
FX基礎知識

FXとは

FXとは、Foreign eXchangeの略で、外国為替証拠金取引と呼ばれる通貨の証拠金取引です。証拠金取引とは、一定の保証金を口座に預け、保証金以上の額の取引をすることです。
株取引も同様に証拠金取引ですが、FXの特長は少額から始められ、株よりも知識を必要とせず初心者でも利益をあげることが可能で、また24時間取引が可能なため仕事と両立しやすいのも人気のひとつです。
為替レートが活発に動く時間はニューヨーク市場が開き、アメリカ経済指標発表のある21時〜24時の間なので仕事をしている人でもこの自由度の高い金融商品FXを始める人が増えてきています。
為替の基本は、日々為替レートが変動している中で2つの国の通貨を売買することによって為替差益をあげることです。


少額から始めることができるFX

FXは証拠金と呼ばれる担保を口座に預けることによって証拠金の最大25倍までの金額の取引きが可能です。これをレバレッジと呼び、預けた証拠金に対してどれくらいの規模の取引をしているかを示す数値として通常倍率で表記されます。現在法律で日本国内の個人取引きの場合、2011年以降レバレッジは証拠金の25倍までと制限されています。

米ドル/円を1万通貨取引きした場合

レバレッジ規制

日本国内での個人取引きのレバレッジは、法改正により段階的に引き下げられ2011年以降は現在の25倍となりました。2010年までは100倍、FX会社によっては400倍まで取引きができるところもありました。法改正に至った理由は、ハイレバレッジ取引きによって少ない証拠金で莫大な利益を得ることができる反面、損失額も莫大(ハイリスク・ハイリターン)になる可能性があるため、個人投資家保護目的で現在のレバレッジに落ち着きました。


個人取引きに限ってはレバレッジの上限は25倍ですが、法人口座ではレバレッジ30〜70倍(通貨ペアによる)、日本の法律が及ばない海外のFX会社では個人取引きでも100倍以上のレバレッジで取引きが可能です。FXを始めるにあたって、海外のFX会社に口座開設する選択肢もありますが、FX先進国である日本はFX取引高世界1位GMOクリック証券)と2位DMM.com証券)のFX会社があり、サポート体制に不安のある海外FX会社に口座開設する必要はないでしょう。


効率よく投資できるFX

FXはレバレッジを効かせることができるため、実際の取引額分のお金を用意する必要はありません。少ない資金で効率よく利益をあげることができます。下記の図は、為替レートが1ドル=100円の時に1万通貨(1万ドル)購入し、1ドル=101円になった時に売却した時の利益です。

効率よく利益をあげることができるFX

証拠金不足にならないために

取引きに必要な証拠金は為替レートによって変動します。上記の例は米ドル/円のレートが100円の時の必要最低限の証拠金となるため、レートが不利な方向に進んだ場合は証拠金不足となり強制決済(ロスカット)されてしまうため、通常は必要証拠金より多く余剰分として入金します。


FXは外貨預金と同条件の取引きであれば、用意した資金に対してリターンがとても高い金融商品です。外貨預金のように実際に通貨(現物)を購入するのではなく、FXは証拠金を担保に様々な国の通貨を売買できる権利が与えられ、為替レートの変動によって生じた利益分をもらう・損失分を払うことを約束をする差金決済の仕組みによって、少ない資金でも取引きが可能な金融商品なのです。


NEXT » 円高・円安とは


FX初心者入門講座

FXを検討している、はじめたいと思っている初心者の方はFX基礎知識をある程度理解できるまで繰り返し読むことをおすすめします。



FX実践:注文方法



PAGE TOP