1. WE LOVE FX
  2. FX初心者入門講座
  3. ロスカット・マージンコールとは

ロスカットとは
FX基礎知識

ロスカットとマージンコール

ロスカットとは、取引中の通貨ペアの為替レートが不利な方向に進み、証拠金維持率が各FX会社が定める水準以下になった場合、即座に保有するポジションが自動決済されることです。
同じく証拠金維持率が各FX会社が定める水準に達すると、FX会社から証拠金の追加入金を促す警告が来ます。この警告のことをロスカットアラート、不足分の証拠金を求められることをマージンコール(通称:追証、:読み:おいしょう)と呼びます。マージンコールを受けた場合、定められた期日(通常翌営業日の決められた時間)までに不足分を入金すれば強制決済を免れることができますが、期日に不足状態であった場合は同じく強制決済となります。

ロスカットとマージンコールは証拠金維持率によって執行されます。執行される維持率はFX会社によって異なりますが、概ねロスカットは証拠金維持率が50%を下回った場合に即座に執行、マージンコールは証拠金維持率が100%を下回った場合に一定の猶予期間を経て、期日までに証拠金維持率が改善されない場合は強制決済が執行されるパターンが多いです。

証拠金維持率=有効証拠金÷取引証拠金

有効証拠金は複数のポジションを保有していると計算が複雑になっていきますが、各FX会社が保有ポジションと為替レート状況を自動計算し、取引き画面に常に表示されます。
証拠金維持率は計算式で書くと難しく感じますが、要は担保として必要だった証拠金が為替レートの変動によって確保・維持できなくなったので、不足分の証拠金を追加しなさい(マージンコール)、さもなければポジションを強制決済ロスカットするということです。

マージンコール・強制決済・ロスカット

資金管理の徹底

ロスカットやマージンコールは、相場が不利な方向に進んでいる状態で、投入した証拠金の大部分を取引きに使用しているレバレッジの高い取引きをしていたり、相場が暴落・暴騰状態で一気に損失が膨らんだ場合です。
投資は損小利大(損失は小さく・利益は大きく)の精神で取り組むことが重要です。ロスカット・マージンコールまでポジションを保有することは、いつか相場が好転するという淡い期待を持っているからです。相場の流れに逆らわない、そして損失を膨らませないために損切りの勇気は必要です。


損切りとは

自分が定めたルールにのっとり、一定の損失がでた場合や損失方向に相場がさらに進行すると判断した場合に保有ポジションを自ら決済する行為です。損切りすることで損失の拡大を防ぐことができます。


NEXT » 外国為替市場取引時間


FX初心者入門講座

FXを検討している、はじめたいと思っている初心者の方はFX基礎知識をある程度理解できるまで繰り返し読むことをおすすめします。



FX実践:注文方法



PAGE TOP