1. WE LOVE FX
  2. FX初心者入門講座
  3. スワップポイントとは

スワップポイントとは
FX基礎知識

スワップポイントとは

スワップポイントとは、金利が異なる2国間の通貨を売買することによって生じる金利差調整額です。
現在日本の政策金利は0.1%です。金利の高い国の通貨を一般的に高金利通貨と呼び、FXでは金利の低い日本円を売って、高金利通貨を買う(保有)ことで、金利差分をスワップポイントとして受け取ることができます。
※スワップポイントは、各国の経済事情や政治情勢等様々な要因を反映して変動しますので、スワップポイントが受取りから支払いに転じる場合があります。

政策金利一覧

各国の政策金利

政策金利は各国の中央銀行が世界や自国の経済状況を勘案し毎月発表します。金利を上げることを利上げ、下げることを利下げ、前月と変更がない場合は据置きと表現されます。


FXで取引きできる人気の高い高金利通貨は豪ドル・NZドル・南アフリカランド・トルコリラ・メキシコペソです。トルコリラとメキシコペソは取引きできるFX会社は限られていますが徐々に取扱いが増えつつあります。


豪ドル/円 スワップポイント

FXで人気の通貨ペア豪ドル/円を1万通貨取引きした時にどれくらいのスワップポイントを貰えるのか計算してみたいと思います。図は両国の金利と為替レートに変動がないものとして単純計算しています。 豪ドル/円 スワップポイント 豪ドルを1万通貨保有すると1年で11,200円、1日に約30円のスワップポイントを受取ることができます。反対に豪ドルを売って円を買うショートポジションの場合は毎日30円支払う必要があります。
豪ドルを1万通貨(1万豪ドル)購入するために必要な取引証拠金は、為替レートが1豪ドル=80円であれば32,000円(80円×1万通貨×4%)です。32,000円で1万豪ドル保有でき、毎日約30円のスワップポイントを受取れるとなると、相当利回りのいい投資となります。
このように低金利通貨を売って、高金利通貨を買って運用するトレード法をキャリートレードと呼びます。


FX会社によってスワップポイントは異なる

上記図は2国間の政策金利をベースに算出したスワップポイントの目安です。実際はFX会社によってスワップポイントは異なります。FX会社はカバー先から提供されるスワップポイントに自社の利益分を加えた値が我々に提供されます。そのためFX会社によってスワップポイント高い会社もあれば、低い会社もあり、スワップトレード中心なら少しでも高く受取れる会社を選ぶといいでしょう。

» 参考ページFX会社別スワップポイント比較


為替差益+スワップポイント

FXは為替レートの変動による為替差益を狙った取引きが基本です。短期トレードの場合、為替レート変動で得られる利益に比べるとスワップポイントは少ないものです。しかし為替レートはレートの行方をある程度予想できても毎回予想通り動くことはありません。時には損失を計上する場合もあります。
スワップポイントでそれなりの利益を得るには長期間ポジションを保有する必要があるものの、各国の金利状況が大きく変わらないのであれば、ある程度利回りを予想することができます為替差益+スワップポイント 上記図では1ヶ月間豪ドルを保有していた場合の為替差益とスワップポイントの利益です。相場が円安方向に進み利益を得ることができました。反対に円高方向に進んだ場合は損失となりますが、スワップポイントは貰うことができます。

スワップポイントはFXの魅力であり、高金利通貨の中長期トレードが主体の場合は、時間経過とともにスワップポイントが積み重なるため大きな利益源になります。時にはレート変動で生じた損失分をスワップポイントで補填することもあります。 このスワップポイントに魅力を感じFXをはじめる人も多いです。

NEXT » FX口座開設方法


FX初心者入門講座

FXを検討している、はじめたいと思っている初心者の方はFX基礎知識をある程度理解できるまで繰り返し読むことをおすすめします。



FX実践:注文方法



PAGE TOP