1. WE LOVE FX
  2. FX初心者入門講座
  3. 成り行き注文・指値注文

成り行き注文・指値注文
FX基礎知識

成り行き注文

外国為替市場は24時間取引ができ、いつ自分の買いたい・売りたいレートになるかわかりません。そのためFXでは手動や自動注文できる様々な注文機能が備わっています。
マーケットオーダーとも呼ばれる成り行き注文は、リアルタイムの為替レートを見てその場で売買する場合の注文方法です。自身が為替レートを見れる状況にあり、即決で注文したい場合に成り行き注文をします。暴落・暴騰時など急激にレートが変動し、すぐに対応したい場合など手動で注文を行います。

成り行き注文

指値注文 リミットオーダー

指値注文はあらかじめレートを指定し、指定したレートに到達した時に自動で注文・決済してくる注文方法です。リアルタイムでレートを見れない場合に指値注文が活躍します。

指値注文(リミットオーダー)

逆指値注文 ストップオーダー

逆指値は主に損切りする場合に使用し、これ以上損失を出したくない場合は逆指値は有効です。日中仕事をしている場合や、深夜寝ている時に、急激にレートが不利な方向に進んだ場合、損益を最小限に抑えるために逆指値注文をあらかじめ出しておきます。
為替相場にはトレンドがあり、上昇傾向のことを上昇トレンド下落傾向のことを下落トレンドと呼びます。図の左側のように現在値に対して少し高くなった場合(上昇力が高い)に注文を入れておき、上昇トレンドに乗る場合にも逆指値注文を使うことができます。上昇力が弱く、注文値に届かない場合は注文はしません。

逆指値注文(ストップオーダー)

FXにおいて損切り(ストップロス)は非常に重要です。FX初心者はこの損切りが出来ず大きな損失を計上することがあります。これは相場が不利な方に動いても、そろそろ相場が反転するはずと決めつけてしまうからです。
一定以上の損失が発生した時点で、損を確定し清算することも大切です。そうしないと強制ロスカットという最悪のシナリオに至る場合があるため、ポジション保有中は逆指値注文を活用することおすすめします。

NEXT » IFD(イフダン)注文


FX初心者入門講座

FXを検討している、はじめたいと思っている初心者の方はFX基礎知識をある程度理解できるまで繰り返し読むことをおすすめします。



FX実践:注文方法



PAGE TOP